よくある質問

 

 

Q 交通事故や労災での治療はできますか?

 

A 可能です。保険会社や勤務先に、先に確認をしていただくことをお勧めします。

 事故後、早期に治療開始することで、少ない回数で治療が完了します。

 受傷内容にもよりますが、自宅で療養できる程度の症状であれば、だいたい3回〜5回の治療で終わることが多いです。

 (保険で治療費が出してもらえない場合は、自己負担になりますので、ご了承ください。)

 

 

・・・

 

 

Q 診断書を書いてもらえますか?

 

A 医師ではないので、診断書は作成できません。

 施術証明書については、書式を提出いただければ作成いたします。

 なお、文書料として5000円(税込)実費がかかります。

 

 

・・・

 

 

Q 健康保険は使えますか?

 

A 当院では、すべて自費診療となっており、保険診療は致しておりません。

 

 

・・・

 

 

Q 初めて行きますが、所要時間はどのくらいかかりますか?

 

A 問診、検査、説明、治療、治療後の説明で60分程度かかります。

 お時間に制限がある場合は、あらかじめご相談ください。

 

 

・・・

 

 

Q 治療の際の服装について、着替えはできますか?

 

A 当院では、施術着は準備していないので、各自お持ちいただければ、来院してから着替えは可能です。

 補正下着などの締め付ける衣類、硬い布(Gパンなど)は、治療の妨げになりますので、控えてください。

 

 

・・・

 

 

Q 妊娠中ですが、治療を受けることはできますか?

 

A 可能です。予約時に妊娠中であることをお知らせください。

 

 

・・・

 

 

Q 逆子の治療はできますか?

 

A 可能です。鍼灸の治療と合わせて受けていただくと、より効果的です。

 

 

・・・

 

 

Q 赤ちゃんの治療はできますか?

 

A 可能です。ただし、外傷の場合は治療禁忌にあたる場合があるので、治療内容については事前にご相談ください。

 

 

・・・

 

 

Q 小さい子を一緒に連れて行っても良いですか?

 

A 可能です。ベビー布団は準備があります。

 お母さんの治療の場合、赤ちゃんを抱っこしたまま治療をうけていただくことも可能です。

 

 動き回る年齢のお子さんの場合は、30分程度一人遊びができれば、その間に治療させて頂きます。

 一人遊びができない場合は、ご家族に預けて来院していただくほうがスムーズです。

 

 

 

・・・

 

 

Q 妊活したいですが、治療はできますか?

 

A まずはご相談ください。

 これまでの治療歴や妊娠歴、生活の様子などをお聞きして、当院での治療でお役に立てるかどうか、お話をした上で判断していただければと思います。

 卵管の器質的な障害がある場合は、医療機関への受診や治療の適応となります。

 2020年の妊娠を希望するご夫婦の自然妊娠、出産率は50%でした。

 

 

・・・

 

 

Q 施術を受けてはいけない場合(禁忌症)はありますか?

 

A あります。

 禁忌症には、絶対的禁忌(治療をしてはいけない)と、相対的禁忌があります。

 

 絶対的禁忌・・・伝染病や急性の心臓および脳血管障害、開放性の脱臼・骨折、高度の動脈硬化症、昼夜問わずの激痛、高すぎる高血圧、

 医療的処置を必要とする疑いがある重篤な病変、重度の精神病など

 

 相対的禁忌・・・悪性腫瘍、動脈瘤、骨粗鬆症など

 

 上記の診断、治療中の方は、かかりつけ医にご相談の上、当院へのご予約時に必ずお伝えください。

 

 

・・・

 

 

 

Q 遠方に住んでおり、栄養カウンセリングのみ受けたいですが、可能ですか?

 

A Zoomにてオンラインで対応しております。日程調整後、事前に銀行振込いただき、予約完了となります。

 

 また、カウンセリング前1週間分の食事記録の提出と、採血結果、内服やサプリメントなどの服用についてお知らせいただきます。

 栄養カウンセリングをうけて、解決したいお悩み、目的、予算などに応じて、ご提案内容は変わります。